私のささやかな楽しみです


by mkojiyan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

繁殖の環境と浮上報告

1号父です。
とりあえず今日は浮上ネタ。
カンディティのF2が浮上しました。
2セットしてましたがほぼ同時の浮上です。
数的どちらも同数くらいで結果的にはまずまずでしょうか。
60~70くらいですね。(片方で)
一応元親のF系では尾びれが3色プラスMIXカラーのバリエーションが
出ておりますのでどの色の系統が多くでるか楽しみです。
どれを残すかも悩みどころ。
初産にしては良い数だと思います。
f0003540_205734.jpg
               Taeniacara candidi from RIO Madeira
f0003540_2051312.jpg
              Taeniacara candidi from RIO Madeira
f0003540_2051868.jpg
              Taeniacara candidi from RIO Madeira

今回の浮上の環境です。
Sタンク及びMタンク(水量が多かろうがたいした違いは無いと思います。)
テトラブリラントフィルター:1機
床材:アクアソイルアマゾニア(通常の粒、細目ではない)
流木プラスミクロソリウム、鉢の欠片、
飼育水:中和したのみの水道水(添加剤無し)
オートヒーター:24度~26度の間(かなりアバウト)
温度計は設置してない。
換え水:周期の決定は無い、主に足し水。

家のアピはほぼ同一飼育条件であり、この状態で落ちはほとんどなし。
浮上後の仔の減少は数パーセント(私の餌やりの落ち度や器具の損傷が
                       無い限り)
また、この方法での魚の状態の異常は今まで特に見られません。
参考にはならないと思いますが・・・(笑
[PR]
by mkojiyan | 2006-12-01 20:21 | Apistogramma