私のささやかな楽しみです


by mkojiyan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Apistogramma( 100 )

1号のバエンスチ

1号父です。
今日は1号のバエンスチ
f0003540_21451095.jpg
              1号印@Ap.baenschi(F:♂) from PERU
結構良い感じのFを選んだようですね。
私はセレクトにもまったくのノータッチです。
彼は彼なりの好みで選んでいるようで、良くなるであろう、とかではなくホント好みのみです。
何を基準に何を参考になどと言うことでなく彼なりの目なのでしょうね。
これが意外と当たるのでちょっと怖い気もします。(汗;
子供の感性っていうのは末恐ろしいです。(笑
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-18 21:49 | Apistogramma

ハゼっ子

1号父です。
今日は私のお魚で(笑
ハゼ・・・と言うのは止めてディプロタエニアというちゃんとした名で呼ぶことにします。(笑
f0003540_20424315.jpg
              Ap.diplotaenia(F2) from Barcelos
見るとわかる方はわかるとと思いますが♀です。
この子を含むF2は浮上時に水換え(約9割)等を行い(馬鹿なことをしてます)10匹位での飼育となりましたが
6対4くらいの♂♀の比率です。
今のところ良い感じです。

このお魚の飼育方法で導電率は教本では限りなく0と言うことですが家の飼育水は数百(笑
この限りなく0はどういう根拠なのか私にはよくわかりません。
お魚がいたところの数センチ周りより採取した水の分析結果でしたら「私が間違ってましたごめんなさい」と
言いますが、川の水のデータですと飼育への反映はあまり出来ないのでは?と言うのが私の水への自論です。
が、繁殖への近道はそうではない!と私は考えます。
魚の適応性も多々あるのでは?とも考えられませんか?飼育していてしばらくメンテも忘れ、
気が付いたら
「あれれ?子供がいる!」ということはありませんか?
ある程度の慣れもお魚を繁殖させる上で大事ではないのかな?とも考えてます。
意外とアピも水質による適応範囲は広いような気がします。
ころころ水質を変えるよりある程度の待ちも必要ではないのでしょうか?
水槽内が落ち着いていればいじらない限りPHの落ちもゆっくりだと思います。
まったり・・・が近道なのかもしれませんね。
ディプロから水の話になってしまいましたが、これは私自身の考えですので、あまり深く追求しないで
くださいね。
とりあえず偏りの感覚的な対応はできてきたような気がします。(自己満足♪
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-17 20:57 | Apistogramma

カカト

1号父です。
1号印お魚シリーズです。(くどい?
f0003540_19242971.jpg
              1号印@Ap.cacatuoides(F2:♂) From Careiro
カカトのカレイロはもともと私が増やしておりましたがちょっと量産して沙汰してみようと思い、
2号の部屋に数ペアを60で混泳させており、1号と私で1ペアづつセットしています。
同じのをやっても仕方がないので1号に青みの強いやつ、私が若干黄色が強めのやつをセットしています。
また、1号は白い砂、私はアマゾニアじゃなく別ソイルにて試しており、競争と言うわけでなく、環境と状態、
そして繁殖後の子の感じ等がもう少し知りたくてテストしております。
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-15 19:25 | Apistogramma
1号父です。
1号のお魚シリーズ、まだまだ続きます。(笑
♂が結構強いので今のところ別居させているマルちゃんです。
入荷してすぐだったので、もう少し太らせて再挑戦するそうです。
今日の画像は1号のコンデジです。
f0003540_18342887.jpg
              1号印@Ap.martini(W:♀) from PERU(撮影by1号)
色合いも良い感じですねぇ。
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-14 18:35 | Apistogramma

1号シリーズ続

1号父です。
1号シリーズ
f0003540_21334223.jpg
             1号印@Ap.sp urias(F3:♀) from PERU※親:御礼ほしさん
大人と違いいろいろ考えずに直感でいけてしまうのは子の強みでしょうか?(笑
欠点としてこの直感を失敗すると必ず落ちます。
が、今のところ数回のみ。
見る目が付けば直感で私は負けてしまうでしょうね。(末恐ろしい;

今日は以前より気になっていた物を入手してきました。
ちょうど安いのが手に入ったので嬉しいです。
f0003540_21335317.jpg

フィルターは付けてみましたが、いまいちよくわかりません。(苦笑
室内では基準点がよくわからんです。
ファインダーは良い感じですよ。
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-12 21:35 | Apistogramma

1号お魚シリーズ続編

1号父です。
昨日に続き、1号お魚シリーズです。
f0003540_212644100.jpg
            1号印@Ap.baenschi(F:♂) from PERU
昨年のバエンスチはバサバサが小さかったりでしたが運よく彼が手に入れたもののFです。
彼が自分でセレクト(残した)した個体です。
(残りはSHOPさん引取り・・・飼育しきれないので)
選別には私はまったく携わりませんので良し悪しはまったくわかりません。(笑
彼の好みと目が決め手となりますが、それは私にとってどうでもいいところ。
黒本、WAVE、minima等でみた画像と親の感じ、そして好み、すべての良いところが見極められれば
大成功でしょう。
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-11 21:27 | Apistogramma

しばらくは・・・

1号父です。
しばらく1号は潜って机にしがみつかないとまずい状況なのでこちらに出てくる余裕すらないので、
しばらく1号お魚シリーズでもやりましょか?(笑
f0003540_2244772.jpg
               1号印@Ap.panduro(♀:F) from PERU
画像のボケは私の腕の悪さ(汗;

彼自身、飼育機材等は私と共有、彼用の消耗品は彼の小遣いでやってますので高級品は無いはずですし、
今回の新規も格安を見つけて頼んだようです。
ここ1年くらいはゲームを買うわけでもおもちゃを買うわけでもなくアピ関係での購入以外はしてないので
それなりに認めているつもりです。
屋上、レオン、等の少々お高いところからのお魚も見てみたいようですが彼の小遣いでは破格のセール以外
は無理でしょうし、今回はたまたま希望がかなったという感じです。
私が最近新規が無いのは地元SHOPでの入荷がほとんど無いためで、また、地元でのアピの需要もほとんど
下火なのでSHOPさんも仕入れを控えているようですので仕方の無いところ。
まあ、今回、彼にとって希望が叶ったという事でいいんじゃないのかな?(笑
私の見る限りでも良い感じですよ。(お世辞じゃなくてね)
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-10 22:05 | Apistogramma

1号新規は

1号父です。
1号の新規はこれです。
f0003540_1937578.jpg
            1号印@Ap.martini (♂) from PERU
f0003540_1938522.jpg
            1号印@Ap.martini (♀) from PERU
Wですし、入荷したて、即発送~到着なので鰭等が多少傷んでおりますがなんのなんの。
♂♀しっかりバトルモードです。
午前中には到着してましたが、夕方にはしっかり♀はまっ黄色、早いうちにしっかり栄養取らせないと
まずいかもしれませんね。

新規にいけない私は止めようと思っていたAp.borellii(♂♀微妙)を目を皿のようにして混泳水槽より
抜き出してペアっぽいので飼育開始しました。
見てろ1号!見るもの見せてやる~っ。(負け惜しみ(悔 )
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-08 19:45 | Apistogramma

なにやら・・・

1号父です。
なにやら1号が企んでいるようです。(大謎
いったい何を? 自分でいろいろやっている時間がないので私がいろいろ頼まれるのですが、
「1箇所立ち上げなおしといて」だそうで、とりあえず水交換とスポンジ洗い、等をしておきましたが・・・
いったい何するつもりだ?
まあ、好きにさせましょう。(苦笑

今日はエサの話
皆さんはどのようなエサをメインに与えているのでしょうか?
家ではブラインの孵化した物をあたえており、前投稿でもお話したとおり450g缶を半年で使い切る
勢いで与えており、合間合間に赤虫や人口フード(銘柄の固定なし)を与えてます。
が、このように大量に与えていますのでちょっとした弊害?等も出てきます。
弊害と言っても魚体の異常等ではありませんが薄い体色の魚ですとオレンジがかってしまいます。
これは以前ディスカス飼育時に海老のミンチによる色揚げ等でわかっていたことですが、どうしても
海老系の物を与えると色がのってきてしまうのです。
まあ、しばらく与えなければ本来の色になりますので心配はありませんが。
よくディスカスハンバーグで赤が上がると出ているのは海老系混入です。
青系が上がると以前よく売られていたハンバーグはホルモン系の薬品が混入されている物もあり
ましたが今はどうなのでしょう?
青はそれ以外は上げられないと思っており、上がるのは素質と私自身思っているのですが、違ってるのかな?
ご存知の方、ご教授願います。
私の知る限り青の色揚げは天然素材では駄目だったと記憶してますので。

今からデジで何か写そうと思ってますが、・・・忘れたらごめんなさいね。

デジで撮影前にBLOGにTAGの項目が使えたので設定してみました。
とは言っても全部は途中で面倒になり止めてます(苦笑
最下段で画像をTAGでカテゴリー分けしてありますので画像が見たい方はご利用くださいませ。
最下段なので確認しづらいとは思いますが・・・(苦笑

で、面倒になって過去の画像(苦笑
f0003540_2212112.jpg
            Ap.diplotaenia from Barcelos
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-06 20:43 | Apistogramma

休みがとうとう

とうとう本日で休みが終わる1号父です。
まったく有意義には過ごしてませんでした。(苦笑
なんだかんだとやることがあって、でも、アピ達のお掃除は出来たのでとりあえず満足です。
久々に1号のアピを写してみました。
ピンが甘いですが勘弁してくださいね。
f0003540_21121220.jpg
          1号印@Ap. sp urias ♀
[PR]
by mkojiyan | 2007-01-03 21:13 | Apistogramma